アマゾンとの取引増加への対応 確実な受注処理とミスのない出荷体制を構築。受注データのEDI化とバーコード出荷検品システム

アマゾンとの取引増加への対応 確実な受注処理とミスのない出荷体制を構築。受注データのEDI化とバーコード出荷検品システム

Before
  • アマゾンからの受注データをWebEDIよりダウンロードしていたため、オペレーションの手間、処理モレが発生していた
  • 出荷量が増えるにつれ、誤出荷も発生していた。
After
  • アマゾンからの要請もあり、受注データのダウンロードをEDI(ファイル転送)に変更。
  • ハンディターミナルによる出荷検品と出荷明細を梱包ラベルに印刷して貼付。

国内外のバイク用品を取り扱い、オリジナル商品も開発・販売するF社は、多くのライダーから支持され、卸部門、通販部門、海外部門ともに拡大している。

特にアマゾンによるネット通販の伸びが大きく、年々取引量が増大している。

これまで、アマゾンからの受注はシステム化をしておらず、ネット通販担当者により手作業でWeb操作をおこないダウンロードしていた。

そのため、受注量の増加に伴い担当者の負担が大きくなり、アマゾンからも取引量の多い取引先にはEDI化してほしいとの要請を受け、ファイル転送型(FTP)のEDIシステムを導入した。

また、これまで出荷検品はバーコードによる仕組みを構築していたが、アマゾンのASN(事前出荷明細)データを作成するため、検品体制を見直し、出荷ラベルに明細を印字するなどの対応をおこなった。

この結果、受注業務の時間短縮および出荷検品の精度が向上し、残業時間が大幅に軽減された。

今後さらに消費者のニーズを追求し、品揃えの充実と適正在庫の確保、出荷の迅速化を進めていく計画である。

一覧に戻る

関連商品・サービス

EOS名人.NET

流通BMS対応EDIシステム

検品支援名人

バーコード入出荷・棚卸システム

関連ブログ