AmazonEDI対応事例|Amazon取引において、EDI手順と物流センターのレイアウト見直しで効率化を実現

Before
  • WebEDIの受注取り込みに工数がかかっている
  • 個別ピッキングではピッキング効率が悪い
  • 送り状発行と出荷検品のシステムが単独に 動いている
After
  • EDI方式をSFTP(※)に変更し、処理を自動化
  • トータルピッキングを採用、商品・機材の配置も 見直して大幅に業務を効率化
  • システム連携により検品終了後、送り状を自動発行

ソリューション導入の決め手

・AmazonEDIの対応実績
・EDI~出荷までトータルでサポートできるベンダー


創業130年を超える老舗インテリアメーカーのD社は、インターネット通販にも力を入れており、通販物流も自社の物流センターで問題なく行っていました。ここ数年、自社製品のブランディングも成功し、売上も拡大していました。

特にAmazonでの売上の伸長が顕著で、毎年前年比150%強の売上を計上するようになりました。当然、物量も売上に比例して増加したのですが、Amazonで販売した製品の出荷は他のECサイト販売分とは業務フローが大きく異なり、作業効率の低下を招いていました。

ECモール、直営のECサイトでの受注は個人別のオーダー毎のピッキング・梱包となり、多頻度小口配送に対応できるように物流センターを整備してきましたが、AmazonではAmazonが全国のFC(Amazonの物流センター)から購入者へ発送します。ベンダーはFCに当日受注分を一括納品します。出荷作業は小口でなく、大口(FCへの納入分をまとめて作業)の作業となり、作業の方法も変わってきます。

D社は今後のAmazon売上拡大を視野に入れ、自社物流センターの改善に取り組みました。FCセンター一括納品に対応するため、トータルピッキングを採用することにしました。アイテム毎にピッキングを行い、仕分け場でFC毎に仕分けていく方法です。これによりピッカーの削減と動線の短縮が実現できます。

また、受注形態もWeb-EDIからSFTP(※)を利用したAmazonEDIに変更することで出荷の準備・報告作業の効率化にも成功しました。FC毎に手作業で処理を行うWeb-EDIと比べてAmazonEDI方式は送受信の自動化が可能で人員削減が見込めます。D社はEDIと物流の改善が必要と判断し、両方の業務をサポート可能な当社の「EOS名人」「検品支援名人」「送り状名人」を導入してAmazonとの取引に対応しました。

このように、Amazonとの取引においてはEDI業務の改善だけでなく、EDIに繋がる業務も合わせて改善することをお勧めします。

(※)SFTP:SSH File Transfer Protocol
暗号化された通信方法の一つ広く利用されているFTP方式とコマンド等が類似している

■このコラム「日本流とは違う、アマゾンのEDIとその対応策」も合わせてご覧ください。

一覧に戻る

関連商品・サービス

EOS名人.NET

流通BMS対応EDIシステム

送り状名人

送り状・荷札発行システム

検品支援名人

バーコード入出荷・棚卸システム

関連コラム