【RPA導入事例】昭和電機株式会社がRPAで自動化した40業務とは

「どのような業務をRPAに任せられるのかわからない」

RPAの導入を検討中のお客様から、このようなお声をお聞きすることがあります。

私たちRPAツールベンダーは、「定型的なパソコン操作であれば、RPAへの置き換えが可能ですよ」とお伝えすることが多いのですが、それではイメージが掴みにくいとおっしゃるお客様もいらっしゃるようです。そこで私たちは、実際に40業務をRPAに置き換えることに成功され、月間350時間もの効率化に成功されたユーザー様のご協力を得て、実際にどのような業務を自動化されているのかまとめてみました。

本冊子をご覧になると、一口に40業務と言っても、同社の営業部から総務部、管理部、設計部、生産管理まで、1回わずか3分の業務から10時間以上かかる業務まで実にさまざまであることに気づかれると思います。まさに、こうした一つひとつの細かい業務を効率化していくことこそが、中堅中小企業にとって、RPAの導入を成功に導くポイントと言えるのではないでしょうか。

本冊子が、RPA導入検討の参考になれば幸いです。

RPAの対象業務選定にお困りの方は、ぜひこのe-bookをお手に取ってご一読ください。

初稿:2020年5月20日

 

 

一覧に戻る

関連商品・サービス

Autoジョブ名人

パソコン操作を自動化

Autoブラウザ名人

ブラウザ操作を自動化

Autoメール名人

メール操作を自動化

関連コラム