ECサイト成功の鍵は、商品情報の鮮度にあり。
担当者の負担を軽減するブラウザ操作自動化ツール

Before
  • 自社ブランドの販売強化のため、直営店だけでなくECサイトにも出店。しかし商品情報や画像をメンテナンスするには、管理者用Webサイトにアクセスし、手作業で繰り返しおこなっていた。
After
  • ブラウザ操作の自動化ツールを導入し、商品情報のメンテナンスを自動化し、迅速な対応が可能となった。

今やインターネットによる通販が当たり前の時代となってきた。政府の発表によると平成27年の日本国内のBtoC-EC(消費者向け電子商取引)市場規模は13.8兆円(前年比7.6%増)まで拡大している。アマゾン、楽天、ヤフーなど総合的に商品を取り扱うサイトや家電、アパレル、化粧品を専門に扱うサイトなど、さまざまなECサイトが消費者ニーズに対応している。実店舗をかまえる企業やメーカーも自社サイトだけでなく、こういったECサイトへの出店で売上を大きく伸ばしているようだ。

しかしECサイトに出店する企業にも大きな悩みがある。日々の商品のメンテナンス作業だ。在庫情報の更新、新製品の登録、商品画像のアップなど、その作業は煩雑かつ手作業となっている。この作業を怠ると売上にも直結しかねない。

そこで外資系アパレルメーカーH社はECサイトへの商品メンテナンス作業を自動化するため、Autoブラウザ名人を導入した。ブラウザ操作を自動化するツールである。同社がECサイトで一番気をつけているのが商品画像。一商品に数点ある画像をこまめに更新し、商品情報の鮮度維持に役立てている。

ECサイトには出展者用の管理画面が用意されているが、そのほとんどが手作業による画面操作だ。購買者の決済方法や利用している端末の種類に合わせ、お礼メールの文面を変えている店舗もあるという。

このようにECサイトの運用はAutoブラウザ名人のような自動化ツールがないと、担当者の負担が大きく、時間がかかるだけでなくミスも発生しやすい。ECサイトといえども実店舗と同じように商品の陳列や顧客とのコミュニケーションに気を配り、いかに購買につなげるか、日々のスタッフの努力が今後ますます重要になるだろう。(文/小ノ島尚博)

一覧に戻る

関連商品・サービス

Autoブラウザ名人

あらゆるブラウザ操作を自動化

関連ブログ