選ばれる理由

複数の運送会社の送り発行

複数の運送会社専用の端末を送り状名人に一元化でき、基幹システムとのデータ連携も可能です。

運送EDI対応で業務効率化を実現

運送会社へのEDIに対応していますので、送り状発行が不要。
荷札ラベルだけで出荷でき、自社で送り状番号(問合せ番号)も管理できます。
お客様からの出荷問合せにも迅速に対応できます。

物流コスト削減にも役たちます

送り状発行の削減で出荷業務の時間が短縮するだけでなく、荷合わせ機能により出荷個口数口集約も可能となります。

特長

送り状の様々な発行形態に対応します。

キーボードから入力して送り状、荷札を発行するほか、出荷指示書などのバーコードを読み取り発行することもできます。
また、データを基幹システムから受け取るバッチ発行にも対応しています。

基幹システムと連携できます。

基幹システムや物流システムと連携し、発行時間の短縮や入力ミスを防止できます。
また、発行済みデータのCSV出力も可能で、分析に役立ちます。

複数の運送会社の送り状に対応しています。EDI(送り状レス)にも対応。

複数の運送会社の送り状、EDIに対応しますので、運送会社ごとに送り状レスシステムを導入する必要はありません。

荷物お問合せ番号を自社で採番し、運送会社と共有できます

送り状の問合せ番号を自社で管理できますので、配送状況の確認、問い合わせにスピーディに対応できます。