EDIから出荷、輸送までカバーする
ワンストップ物流サービス網を構築

ソリューション 受発注 製品名 EOS名人.NET
業種 倉庫・物流 規模 非公開または不明

事例(PDF)

事例概要

  • 悩み
    • 量販店向けの出荷業務(EDI~流通加工~出荷~輸送)を受託。流通BMSやJCA手順に対応可能なオンラインシステムを導入する必要があった。
    解決
    • 「EOS名人」を導入し、量販店6社とのEDIを実現。受注から出荷、輸送に至るまで、ワンストップで対応可能な体制が整った。

流通BMS・レガシーEDI対応オンラインシステム「EOS名人.NET」導入事例

輸送力+3PLが強みの物流企業

近畿・中四国エリアへの物流サービスを得意とする扇町運送さまは、3PL(※)を今後の成長事業として位置づけています。

同社が3PL事業に進出したのは、約10年前に遡ります。強みとする輸送力に加え、保管や流通加工を含めた物流サービスが評価され、組み立て家具のネット通販企業から出荷業務を請け負ったのです。以来、同社は3PLに力を入れ、物流業務を数多く受託。平成22年秋には大阪南港に3階建て、延べ床面積13,000m²の本社物流センターを取得。ますます業容を拡大しています。

今回、同社にご採用いただいたのは、EDIシステムの「EOS名人.NET」。導入の背景や効果についてうかがいました。

量販店向けの出荷業務を受諾。EDIへの対応が必要に

「ベルトや帽子、バックなどの大手商社、
サンエースさまから、量販店向けの出荷業務を
お任せいただいたことが検討のきっかけとなりました」
と成田社長

―――ご検討の背景を教えてください

成田:
ベルトや帽子、バックなどの大手商社、サンエースさまから、量販店向けの出荷業務をお任せいただいたことが検討のきっかけとなりました。

サンエースさまとは大阪アパレル物流協議会(※)でご一緒させていただいており、もう10年来のお付き合いです。

片山:
サンエースさまは、当時、量販店からEDIで受注したのち、営業担当の方が品ぞろえし、出荷する体制をとっておられました。これら一連の業務を、当社にお任せいただくことになりました。

成田:
やはり、営業の方には営業に専念していただきたいですからね。

今回、サンエースさまからお任せいただいたのは、量販店から発注データを受信するところからです。しかし、当社はEDIシステムを用意していませんでしたので、新たに導入を検討する必要がありました。受注から流通加工、出荷、輸送まで一貫したサービスがご提供できるようになれば、当社の仕事の幅も広がります。

システムの選定については、他社との比較検討の結果、物流企業への導入実績や導入費用などが決め手となって、「EOS名人」に決定しました。

片山:
EDIの相手先は、平和堂さま、マックスバリュさま、イズミさま、イズミヤさま、オークワさま、パーティハウスさまの6社です。今後を踏まえ、できるだけ流通BMSでのEDIを考えていましたが、先方のご都合で、平和堂さまのみが流通BMS、他の量販店とはJCA手順でのEDIとなりました。

システムの開発についてはユーザックさんにお任せしました。「EOS名人」は自社での開発も可能ですが、当社はサンエースさまから請け負った出荷業務を短期間で立ち上げる必要があり、その体制づくりに専念したかったのです。

平成23年の8月末に、まずはイズミさまとのEDIがスタートしました。その後は各量販店とのEDIを順次進め、同年12月末にはすべての量販店とEDIを実施する体制が整いました。

サンエースさまの商品を出荷する様子

既存システムとの連携がポイント

「EOS名人と在庫管理システムを連携させて
運用しています」と片山主任

―――どのような運用でしょうか?

片山:
まず「EOS名人」で発注データを受信し、在庫管理システムにデータをエクスポートします。次に、在庫管理システムで在庫の引き当てをおこない、出荷データを確定させます。その後、「EOS名人」にデータを戻して伝票を発行する流れです。ピッキングリストと納入明細書は在庫管理システムから出力しています。また、FAXなどによる追加注文は「EOS名人」に入力し伝票を発行しています。

サンエースさまには、量販店から受信したデータと確定済みの出荷データを、メールでお送りしています。一方、量販店への請求は、サンエースさまからメールで請求データを送っていただき、それを「EOS名人」に取り込んで送信する流れです。

成田:
「EOS名人」は、ユーザーの使い方に合せて細かく設定できるところがいいですね。当社の在庫管理システムとの連携がうまくいき、喜んでいます。

EDIシステム導入で受注~輸送まで一貫したサービス提供が可能に

―――今後について

片山:
何かあれば、ユーザックシステムのSEさんにすぐ対応してもらっていますので、毎日問題なく使っています。

現在JCA手順でオンラインをしている先が、順次流通BMSに切り替わっていくと思います。その時もスムーズに切り替えられるよう、サポートをお願いします。

成田:
サンエースさまにも喜んでいただいて本当に良かったと思います。

当社も、「預かるだけ」とか「運ぶだけ」の会社とは異なり、オンライン受注から流通加工、出荷、輸送に至るまで、つまり、量販店の物流センターにモノを納めるまで一貫してお任せいただける体制を整えることができました。今後、この分野をどんどん伸ばしていきたいですね。

EOS名人は同社の受注業務に欠かせないものに

※3PL
企業の流通機能全般を一括して請け負うアウトソーシングサービス。
3rd Party Logistics。

※大阪アパレル物流協議会(OAP)
アパレル業界の発展を目的に、繊維製品のメーカーや商社、物流会社、システム会社などが多数加盟している。

 

―――JCA手順はもちろん、流通BMSへの備えも万全となった扇町運送さま。荷主に代わり、量販店との受注業務も可能になりました。同社が長年培ってこられた 「輸送力」に、さらなる強みが加わったのではないでしょうか。本日は有難うございました。

2012年4月取材(記載内容は取材時の情報です)

扇町運送様 全景

システム概念図

企業プロフィール
会社名 扇町運送 株式会社
設立 1954年(昭和29年)3月
資本金 4,000万円
事業内容 量販店向け商品(アパレル関連及び雑貨)の集荷、入庫、出庫、保管、仕分け 及び納品代行/委託輸送 ・貸切便、チャーター便 など
Webサイト http://www.ogimachi.co.jp
担当者の声
担当者コメント
サポート当初、扇町運送さまの方では、サンエースさまから請け負われた量販店向け出荷業務をすでにスタートしておられました。つまり、EOSの受信と統一伝票の発行はサンエースさま、出荷場所は扇町運送さまという運用体制で、扇町運送のご担当者さまが、毎日、発行済みの統一伝票をサンエースさまに取りに行っておられたのです。このご負担を軽減するため、短期間でのEDI開発や在庫管理システムとの連携が必要となりましたが、EOS名人.NETのデータマッピングやこれまでのサポートノウハウを活用することで、スムーズに開発を進めることができました。 EDIの稼働は量販店ごとに進めていきました。EDIが本稼働すると、その分ご担当者さまも、伝票を取りにいく回数が減り効率化しますので、今回は特に、スピードを意識しました。JCA手順から流通BMSへの切り替えについても、お任せいただければと思います。
担当者
西日本 システムサポート部:大藤 博文
関連商品・サービス

EOS名人.NET

流通BMS対応EDIシステム