実行指示クライアントとは

実行指示クライアントは、人とロボットの業務連携を支援するソフトウェアです。Autoジョブ名人、またはAutoブラウザ名人と連携し、RPAの全社展開を容易に実現します。

 

実行指示クライアントの機能は、スクリプトの実行指示と権限管理など、RPAの全社展開時に必要となる機能に絞り込みました。その結果。年間ライセンスは1ユーザー24,000円(税別)という低価格を実現。大企業はもちろん、中堅中小企業もRPAの全社展開がしやすい価格でご提供します。

 

必要な情報が揃ったのであとの処理はRPAに任せたい、遠隔地にあるRPAを自分のPCから実行させたい、また、現場担当者一人ひとりにRPAを配布したくない、運用管理システムは手がでないという企業に最適なシステムです。

実行指示クライアントカタログ

こんなお客様におすすめ

  • 運用管理システムや専用サーバーは高くて導入できない。

  • 全社的にRPAを展開したいが、ライセンス費用が膨らみ困っている。

  • 自分のPCではなく、複数人で実行用のPCを共有したい。

  • RPAの開発や実行を自由にさせたくない。

  • 許可されたシナリオだけを実行させたい。

  • 野良ロボの発生を防止したい。

選ばれる理由

関連製品

ピックアップ