ブラウザの操作を自動記録

人が行うブラウザ(IE)操作を自動記録し、スクリプトとして保存します。
タグ情報も解析して保存しますので、確実なシナリオ実行が可能です。
一からシナリオを作成する必要がないため、開発工数が大幅に短縮できます。

Windowsアプリの対話型による操作記録

Windowsアプリの操作においてもタグ情報を解析して保存できます。
自動化のシナリオは操作対象の項目へのアクションを対話型で記録します。

シナリオ編集

記録したスクリプトを編集してシナリオを完成させます。
自動記録では保存できなかった、条件分岐やエラー制御などを編集することで、より安定したシナリオが作成できます。
VBスクリプトの記述や外部プログラムの起動も可能です。

スケジュール実行

業務カレンダーを登録できるスケジュール実行機能を実装しています。
きめ細かいシナリオ実行がきで、端末ごとに稼働状況も確認できます。

メール通知

処理結果やエラー時のスクリーンショットが添付できる。
メール通知機能を標準で提供しています。
予期しないエラーが起きても迅速な対応が可能となります。

データ変換オプション

大量データの処理に欠かせないデータ変換機能をオプションでご提供。
ダウンロードしたデータのレイアウト変換やDBへの出力や
RPA処理におけるDB参照などが手軽に行えます。