RPA操作レシピ

Autoジョブ名人の操作動画一覧です。処理ごとのシナリオ設定方法をご覧いただけます。

操作方法

Internet Explorer上での操作

Windowsアプリでの操作

Google Chrome上での操作

Excelでの操作

キーボード・マウス操作


分岐のチェック処理

ファイルとフォルダ

これは便利!応用編


 

 

 

 

Internet Explorer上での操作

ボタンクリック
指定したサイトへのアクセス
自動化処理の制御下に置く
ファイルのダウンロード
ファイルのアップロード
コンボボックスから選択する
ラジオボタンから選択する
ブラウザの値を取得する

 

 

Windowsアプリでの操作

Windowsアプリケーションを起動する
Windowsアプリケーションを自動化の制御下に置く
Windowsアプリケーションへ入力する
Windowsアプリケーションを閉じる
Windowsアプリケーションのコンボボックスを操作する
Windowsアプリケーションで文字の値を取得する

 

 

Google Chrome上での操作

ボタンをクリックする
自動化処理の制御下に置く
入力処理を行う
ファイルダウンロード
ファイルのアップロード
コンボボックスから選択する
ラジオボタンから選択する
ブラウザの値を取得する
チェックボックス

 

 

Excelでの操作

Excelファイルを認識する
Excelファイルにワークシートを追加する
Excelファイルへ入力する
Excelのショートカットキーを実行する
Excelファイルを保存する
Excelのリボンの操作方法
Excelのフィルターを操作する

 

 

キーボード・マウス操作

キーボードのショートカットキーを入力する
キーボードの文字入力をする
マウスのドラッグ&ドロップをする

クリックがうまくできない場合(クリックが反応しない、別ページへ遷移する場合)

プロパティが同じタグを区別してクリックする方法

 

 

分岐のチェック処理

HTMLタグの存在をチェックする
テキストの存在をチェックする
UIタグの存在をチェックする
ウィンドウタイトルの存在をチェックする
ファイルの存在をチェックする
画像の存在をチェックする

 

 

ファイルとフォルダ

ファイルを移動する
フォルダを移動する
ファイルをコピーする
フォルダをコピーする
ファイルをリネームする
フォルダをリネームする
ファイルを削除する
フォルダを削除する
フォルダを作成する
ファイル・フォルダを圧縮する
解凍する

 

 

これは便利!応用編

CSV出力する
画面キャプチャーを撮る
メールを送信する
外部プログラムを起動する
別シナリオ(スクリプト)を起動する
PtoE変換オプションの使い方
繰り返し処理の使い方
ファイル数分の繰り返し処理の使い方
データレコード分、繰り返す方法
別の行に飛ぶ方法
GoToラベルの行に飛ぶ方法
値セットによる変数の処理
「名前を付けて保存」ダイアログの操作
HTMLソースの出力
スリープを利用する
デバッグ機能を利用する
コメント機能を利用する
条件スクリプトを利用する
パラメータマスタセットアップを設定、利用する
パラメータデータセットアップを設定、利用する
CSV出力定義を設定、利用する
ユーザー関数を設定、利用する
戻り値設定の使い方
予約語を利用する
Public変数定義を設定、利用する
業務カレンダーを設定する
スケジュールを設定する
ファイル監視をする
エクスポート、インポート
Webメッセージの対処方法
次のページがある場合の対処方法
テスト再生方法
PtoE変換オプションの有効化