RPAソリューションならユーザックシステム

RPAソリューション

資料請求フォーム

RPAの導入前に知っておきたい、
ソフトウェアや事例のまとめ

RPAとは?

RPAとはロボティック・プロセス・オートメーションの略で、定型的なパソコン操作をソフトウェアのロボットで自動化することです。

製造ラインでロボットが組み立てや溶接を行うように、オフィスにおける人手による単純作業をソフトウェアで代行させることで、業務の品質向上と作業時間の短縮を実現します。

RPAの導入によって、貴重な人材を本来やるべき仕事に集中させることが可能となるため、労働時間の短縮や最適な人員配置が実現するとして、働き方改革を実現したい企業に注目されています。

では、RPAと今までのソフトウェアでは何が違うのでしょうか。

従来のソフトウェアが、入力されたデータの保存、計算、アウトプットなど「箱の中の処理」をするものだとすると、RPAは主にデータの入力やWebサイトの検索、データ収集など「箱の外の処理」、つまり、主にキーボードやマウスの操作そのものを自動化するところに大きな違いがあります。

失敗しないRPA導入のポイント

では、実際にRPAに取り組むにあたり、ソフトウェアロボットを導入すれば良いのでしょうか?ちょっと待ってください、安易にそう考えていてはうまくいきません。ここでは、RPA導入に失敗しないための3つのポイントをご紹介します。


ポイント
業務の棚卸

RPAとはその名の通り、ソフトウェアロボットを利用して業務プロセスを自動化することです。

ソフトウェアロボットについては、Autoブラウザ名人やAutoメール名人などの自動化ツールを使う方法、または個別にシステムを開発するかコンサルタントに依頼するなど、システムの構築手段についてはある程度想像できると思います。

しかし、自動化の対象となる業務プロセスそのものを明確に定義している企業はそう多くありません。

そこで、まずは人に頼っている手作業の業務、改善したい業務の棚卸を実施してみてはいかがでしょうか。業務の担当者にとっては慣れないかもしれませんが、これが何より重要な準備となります。





ポイント
自動化する業務の見極め

業務の棚卸を実施すると、多くのムダが潜んでいることに気づくでしょう。問題であると認識していた業務は、解決の糸口が見えたかもしれません。フローチャートや業務棚卸リストで改善すべき業務が明確になったら、どれから着手すべきかを考えましょう。

そして、改善策を検討したら、RPAで自動化すべき業務を決定しましょう。

ただし、今ある業務全てを自動化するのはおすすめしません

また、自動化するにしても、RPAを導入しやすいように業務のプロセスを変更することも必要です。それがRPA導入の成功の秘訣です。




ポイント
エラー時の対応を考慮する

自動化する業務を見極めたら、ようやくソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化に取り組むことができます。ここでよくある失敗は、業務プロセスが100%自動化できると思い、正常に終了するケースだけを考えてしまうことです。

あらかじめ想定されるエラーを洗い出し、その対応と通知方法を自動化する処理に組み込むことが必要です。


RPA MAGAZINE

働き方改革を実現する、
業務自動化ロボットソフト活用マガジン

RPA MAGAZINE
(RPAマガジン。全12頁)

2017年7月ダウンロード開始!
ただ今、ダウンロードご予約受付中(無料)!


-内容-
・働き方改革で注目されるRPAとは
・RPAの導入事例
・RPA導入のススメ
・RPAソリューション
全12頁