DXに取り組もう!とニッポンのさまざまな企業は沸き立っています。
でも、肝心な業務のデジタル化ができていないと、DXに向けたデータの活用が難しい上に、業務効率も上がらないままです。

特に「紙書類、帳票」が存在する業務は、データ化においてインプットの手間や間違いが発生する可能性もあり、早急にテコ入れが必要と考える企業が増えています。

書類をスキャンして読取り、データ化したら、あとの処理はRPAにお任せ!が実現。AI-OCRとRPAの組み合わせが、デジタル化&自動化の答えです。

 

AI-OCRとRPAの無料トライアルのお申込はこちら

AI-OCR

  • 紙帳票をスキャンしたデータを読取ってテキスト化するAI-OCR
  • ビジネス文書の読取に強みを発揮する国産のAI-OCR
  • 受注入力、入荷処理、請求支払処理といった企業間取引きで必要な業務の効率を向上。
RPA

  • さまざまなパソコン操作を自動化するRPAツール。
  • WindowsアプリやEXCEL操作なども安定した稼働を実現する、国産のRPA。
  • 日々繰り返しおこなう定型業務をRPAに任せることで生産性の向上や業務品質が向上。

あらゆる紙の業務をご相談ください。

高精度AI-OCRでの紙帳票の読み込みは多岐わたっています。
複雑な段組みの帳票多言語対応、活字だけでなく手書き文字の読み込みが可能です。
紙で存在する帳票をデータ化し、業務を効率化・自動化していきましょう。

 

 

\DX推進!応援キャンペーン/
2か月無料トライアルプランを使ってみる!

2か月無料トライアル特典

  • データ保管したフォルダからAI-OCRにデータをアップロードするRPAのサンプルシナリオをご提供
  • AI-OCRの読み取り結果をダウンロードしてくるRPAのサンプルシナリオをご提供
AI-OCRとRPAの無料トライアルのお申込はこちら

ユーザックシステムの目利き◎AI-OCRの強みどころ◎

AI-スキャンロボ
どのAI-OCRでも帳票を読み取りする前にテンプレートを作成する必要がありますが、そのテンプレート定義にもAIが活用されている点が強み。「この帳票のどこにスキャンすべき項目があるか」を設定するのではなくて、AIが自動で判断します。
製品ページはこちら


ファイルアーク Officeエディション
文字認識エンジンとして、クラウドサービスを利用した文字認識(クラウドOCR)とスタンドアロンで動作する文字認識(オフラインOCR)を採用し、活字だけでなく、バーコード、チェックボックスの高精度な文字認識を実現。クラウド版では手書き文字認識が可能です。
製品ページはこちら

 DynaEye
AI-OCRはクラウドシステムが主流な中、オンプレ環境で利用可能な点が強み。社外にデータを流さないため機微情報を取り扱う業務にも安心して利用できます。また、従量課金ではないため、帳票種類が多くても安心。お客様自身で帳票定義が行えます。
https://www.pfu.fujitsu.com/dynaeye/

▼無料トライアルのお申し込みはこちらから▼