選ばれる理由

豊富な変換ロジック

簡単な項目定義で高度な変換設定が可能です。

複数種類のデータに対応

固定長テキストをはじめ、CSVテキスト、Excelファイルなど、さまざまな種類のデータ変換が可能です。

操作性の良さ

各種設定を直感的に操作できるため、開発効率がアップします。また、ジョブメニュー変更機能やジョブ履歴管理など、運用管理も充実しています。

特長

変換ロジックが豊富

簡単で分かりやすい項目定義で高度な変換設定が可能です。

  • 集計:量販店単位、店単位など
  • 演算:単価計算、金額計算など
  • マスタ参照:商品マスタ、店マスタなど
  • 条件式:当日日付設定、コードごとに文字列変換など
  • 変換済みフラグの更新

など

変換するデータの条件設定が行えます。

  • 受信日付、得意先、納品日、伝票区分など

複数種類のDBに対応

下記種類のデータの処理が可能です。

  • 固定長テキスト
  • CSVテキスト
  • Excelファイル
  • OLE DB、ODBC接続
    Oracle
    SQL Server
    Access
    MySQL
    PostgreSQL
    ODBCドライバ接続可能なデータ

使いやすい操作性

各種設定を直感的に操作できるため、開発効率がアップします。また、変換した結果をジョブ履歴としてその内容を管理、確認することができます。

設定内容を出力し、定義書として活用できます。

  • データソース定義
  • データベース接続定義
  • 参照マスタ定義
  • データソースマッピング定義
  • ユーザー関数定義

など

マルチレイアウト対応

ヘッダ、明細、フッタと、異なるデータレイアウトを持つ様なマルチレイアウト形式のデータに対応しています。これにより、オンラインデータ(EOSデータ)を直接コンバートできます。

各レイアウト(ファイルヘッダや明細等)の項目をそれぞれ登録し、それぞれの識別条件を設定するだけで簡単に設定が可能です。

入出力マッピングで、それぞれの項目を紐付けるだけでOKです。

1ファイル内に複数の商品が入っている形式のデータ、通称「列明細」と呼ばれるデータを1品番1レコードに分割することが可能です。

データソース定義で入力ファイルのレイアウトで繰り返しを設定するだけでOKです。

複数出力ファイル対応

一度の変換で複数のファイルを出力することが可能です。

定義した出力データソースをマッピングし、データ変換を行います。
※複数のファイルを出力する際に、マルチレイアウトのファイルを定義することはできません。