選ばれる理由

パッケージ印刷の業務にフィット

化粧箱・什器の生産管理においては、部材管理が必要です。システム化が難しく、手書きなどで対応することが多いです。
印刷業名人では部材毎の作業指図書や在庫管理が可能です。
その他にも、仕掛品、木型、後加工に対応しています。
後加工に多い外注手配にも対応しており、生産管理部門の計画作成や外注管理を支援します。

パッケージ印刷会社での豊富な実績

パッケージ印刷会社の中で多く利用され、成功事例が広がっています。
パッケージ印刷の複雑な業務については、安心してお任せください。

手厚い導入支援

システムエンジニアが、ユーザー様の状況に応じて移行支援を行います。
既存システムより各種マスタ情報を移行することで、移行期の負荷を軽減します。
また、ソフト納品後の操作指導、移行支援など手厚いサービスを提供します。

特長

日程組みの自動化が可能

受注データをもとに、自動的に計画作成を行います。計画作成は、納期逆算で必要工数を積み上げて、日程セットされます。
機械の変更等は、マウスで行えます。また、機械の仮押さえも可能です。
受注変更発生のつど、ポップアップ画面が自動で立ち上がり、変更の発生を教えてくれます。

作業工程ごとの所要時間を計算。これを元に、納期より各作業の開始日、終了日を計算。
マウスをドラッグすれば、日程データも変わります。未着手、仕掛中、発注済、部分完了、完了、納品済みの状況により、色を変えて表示。
工程の進み具合も色で表します。

受注No.別計画作成
機械別計画作成

工務で利用されている機械別計画作成画面。マウスの操作で、号機の変更や日程の変更が出来ます。

作業実績入力

現場で利用されている作業実績入力画面。予定を見ながら、作業時間の収集がワンタッチで操作出来ます。

ビジュアルな画面で、作業計画や進捗状況が一目でわかります。

営業担当別、得意先別に、進捗状況を確認することが出来ます。
未着手、仕掛中、部分完了、完了の各状況で色を変えて表示。

個別原価管理が可能です(受注No.ごと)

印刷後の様々な加工業務に対応します。

紙器などの部品展開に対応できます。

紙器関連に多い部品展開に対応出来ます。
例)1品番、部品2種、パーツ5種、加工指図書3

機械の稼働率や段取り時間の管理を、容易に行うことが出来ます。

正確な在庫管理が出来ます。

カスタマイズが可能なパッケージソフトです。

iPadが利用できます。

各現場に設置されたiPadを利用して、工程開始と終了時にタッチをします。
生産実績は、リアルタイムに自動集計されていきます。
また、リアルタイムの工程進捗照会や、日々の生産日報、機械別の稼動状況を把握できます。

EUC(エンドユーザーコンピューティング)を重視した設計です。

定期コンサルティングによる、導入後の定着支援やステップアップのご相談を承ります。