よくあるご質問

不確定要素の多い受注のため、指示ミス・漏れによる刷り直しが発生する。

受注入力の項目にロックを掛けることにより、指示漏れトラブルを未然に防ぎます。

オーダー変更が多く、営業からの情報伝達が遅れる。

営業で受注入力や変更発生入力をすると、業務の画面がポップアップし、確実に伝達します。

現場の進捗状況が判らない。

進捗照会画面により、工程ごとの進捗状況を即座に把握する事ができます。

外注工場での作業進捗が、スムーズに掴めない。

外注についても、自工場と同様に進捗管理ができます。

印刷後の加工業務が管理が煩雑だ。

表面加工、トムソン、貼り、製本などの加工業務の管理に対応できます。

お得意先への納期回答が、スムーズにできない。

営業担当別に、作業の進捗状況を見ることができます。

作業計画・生産計画を作成するのに時間がかかる。

計画作成の自動化を実現。納期と工程ごとの所要時間から自動的に算出します。

機械ごとの稼働率や段取り時間などを把握したい。

機械ごとに稼動状況が把握できます。前年との対比も可能です。

見積り作成に時間がかかる。

見積りが作成できます。過去の見積りも参照可能です。

受注No.ごとの原価管理(予実管理)が出来ていない。

受注No.ごとに、個別原価管理が出来ます。

材料や外注の手配に時間がかかり、納入状況も直ぐにはつかめない。

加工指図書、材料発注書、外注への加工発注書も自動的に発行します。また、発注残の管理も行えます。

未引取りの製品在庫の管理ができていない。

受注No.別に、在庫を把握できます。

在庫が一向に減らない。

在庫のロケーション管理ができます(製品/仕掛/用紙)。

伝票や書類の手書き作業が多く、煩雑である。

得意先の指定伝票、指定請求書、運送会社の送り状・荷札が発行できます。

仕入のチェックが出来ていない。

版代などの別途請求分について、自動売上する仕組みがあります。

得意先の要望による請求書の作り直し作業に手間がかかる。

発行済の請求データを削除し、データの追加や削除を行った後に請求データを再作成することが可能です。

稼動中の現行システムがあり、システムを入れ替える検討は難しい。

他社販売管理ソフトや既設ホスト(オフコン/PC)との連携が可能です。

加工指図書や発注書は、自社専用のレイアウトを使用したい。

貴社の運用形態に合わせて、パッケージのカスタマイズが可能です。

パッケージは、自社の業務にマッチするかどうか心配だ。

開発元とサポートがひとつですので、システムの改造のご相談もきめ細かく承ります。

現行システムが長く、新システム導入に不安がある。

定期コンサルティングによる、導入後の定着支援を行います。

生産現場での入力作業は、現場が混乱しないかどうか心配だ。

タッチパネルを利用することが出来ます。(工程管理/稼働率管理)

物流現場では、誤出荷によるトラブルが発生し、在庫も合わない。

バーコードシステムを利用することが出来ます。(無線ハンディによる入出荷検品/棚卸)

外注先や仕入先とのFAXのやり取りが煩雑である。

インターネットを活用した外注・仕入管理システムにより、一連の事務作業を自動化出来ます(Web外注・仕入)。

会議用資料などの作成のため、Excelでの入力作業に時間がかかっている。

データベースからExcelに直接自由にデータを抽出し、加工することが出来ます。

データ分析をしたい

公開されたデータベースより、自由にデータの抽出・加工ができます。

本社・工場・営業所間のネットワークで利用したい。

インターネットVPNなどの、高速・低コストの回線に対応しています。