基本機能

運用管理
利用者の認証、操作ログの保存(ジョブ履歴管理画面)

プリンタ設定
帳票ごとに出力するプリンタを設定可能。発行時のプリンタ変更も可能です。

バーコード対応
JAN、 UPC(A、E)、 ITF、 Code39、 Code128、 EAN128、CODABAR(NW‐ 7)、 QR コード、 PDF417、 カスタマーバーコード

計算機能
基幹システムに無い項目(合計や消費税など)があれば、計算して印字できます。

プレビュー
帳票を発行する前に、プレビュー機能で内容を確認できます。

マスタ参照
Oracle やSQL Server などのDB を参照し、帳票に印字できます。

条件式
項目の内容を判断して、印字する内容を変更できます。例:○印や消し線(===)など

基幹システム連携
基幹システムや物流システムなどとの連携が可能です。

グリッド機能
帳票フォーマットはグリッドに合わせて登録できるので、印字位置合わせが一層しやすくなりました
(グリッド表示のON/OFF 、mm 単位/インチ単位のグリッド設定)。

対応文字コード
シフトJIS、Unicode