amazingEDIの機能

アマゾンが提供している2つのEDI
アマゾンとの取引において受注・出荷の処理にあたり、下記のいずれかを選択します。
①アマゾンとの取引を気軽に開始できるWebEDIの「ベンダーセントラル」
②アマゾンのサーバにSFTPでアクセスし、ANSIフォーマットで受信するファイル交換式EDI(Amazon EDI)
アマゾンとの取引量を戦略的に増やし、ビジネスの拡大を見込んでいるならば、ベンダーセントラルでの処理はかなり難易度が高くなります。
なぜならWebEDIは、データの入力からファイルのダウンロード・アップロードまですべて手作業となるからです。

商品点数が少なく、出荷タイミングが毎日ではない、であればおそらく問題はありません。

しかし、アマゾンとの取引量が増大した、当社クライアントの受注・出荷の現場からは「ベンダーセントラルの入力が手間」「在庫引き当てや納期回答、出荷商品の検品、梱包作業に追われている」と悲鳴が上がり、ベンダーセントラルの利用を見直ししました。

②については、いわゆるEDIシステムであり、業務はある程度自動化できます。しかし、このEDIは流通BMSなどみられる日本式のEDIとは仕様が異なる、アメリカ方式です。対応しているソフトウェアや開発ベンダーも多くありません。
VAN会社を利用して、通信方式やファイルレイアウトを自由に決めて行うこともできますが、取引量が増えれば費用もかさむ従量制の料金体系である点は、コストパフォーマンスが優れているとは言えません。

amazingEDIは、受注・出荷処理において効率的であるAmazon EDIを、アメリカ方式と意識することなく、業務の煩雑さを削減。エラーやミスを生むことなくスムーズに処理を流せるソフトウェアなのです。


出荷も万全

上記で課題提起した「LPレシーブ」対応も、amazingEDIの機能に含まれています。送り状とは別に出荷物に貼付するSSCC*ラベル(* Serial Shipping Container Code:出荷梱包シリアル番号 )の発行と、迅速に検品するハンディスキャナから発行されるPO番号を紐づければ、容易に出荷実績データを作成できます。
この出荷実績データがあれば、万が一、アマゾンの検収に齟齬が発生したとしても、追跡調査の手間が省け、売上計上に影響するということがなくなります。

amazingEDIで効率化

拡大するECの取引。煩雑業務を早く解決したい
アマゾンのEDIが日本式とは異なるという点から、「業務効率を上げたいけれど対応するには少々ハードルが高い」と思われるでしょう。
確かに、アマゾンのEDI仕様に合わせるには、「通信システム」「ラベル発行システム」「検品システム」が必要です。それぞれのシステムを連携させて運用することも可能ではありますが、かなりのカスタマイズにより、割高なシステムになりがちです。

アマゾンの受注業務に「必要」な機能を提供

amazingEDIはアマゾンとの取引をすぐに効率化し、ビジネスを成長させていただけるよう、必要な機能だけで構成しています。
ユーザックシステムが10年ほど前からアマゾンの受注業務改善に取り組んだ、ノウハウが詰まったパッケージソフトウェアです。

SFTPによる通信

  • 通信方式はAmazon EDIの標準と言えるSFTP方式になります。
  • 接続先、ID/パスワードを登録すればアマゾンとSFTPで接続が可能です。
  • さらに、スケジューラによる自動受信も可能です。出社時には受信が完了しています。

ANSI変換

  • ANSI形式で送られる発注データをSQLServerに変換し、格納します。
  • また、送信するデータのANSI形式への変換も含まれています。

便利な機能

  • DBを利用するので、データ編集が容易です。
  • 手間のかかる納期回答も専用画面を準備、回答時間の短縮が可能です。
  • ピッキングリスト等作業に必要な帳票の出力可能
  • ハンディターミナルから検品結果に従ったSSCCラベルを即時発行できます。

amazingEDIのアマゾンからのデータを自動的に受信して、使いやすい形に加工する機能。そして、アマゾンに送信するための出荷データの元になる、ハンディターミナルによる検品の仕組みです。

サポートがしっかりしているのに、ミニマムプライス

アマゾンの受注業務専用ソフトウェアだから、セットアップから運用までスピーディーに進められます。専用コールセンターがありますので、サポートも万全です。