改正電帳法対応!
新発売「電帳法対応クラウドオプション」発表アーカイブセミナー



2022年1月1日より施行された改正電子帳簿保存法では、電子取引により取引情報を授受した場合の出力書面による保存が廃止となり、データによる保存が必須となりました。
2023年12月までは書面による保存が宥恕されている状況ですが、未対応の企業様もまだ多くどのように対応するかの方針をご検討中かと思います。
 本セミナーは、第一部では国税庁OBで在職中に電子帳簿保存法担当の情報技術専門官を歴任した袖山税理士を招き、
「改正電子帳簿保存法の対応のポイント」をわかりやすく解説していただきます。
 第2部で2022年9月にリリースした弊社EDIシステム「EOS名人.NET」のオプションサービス「電帳法対応クラウドオプション」についてご紹介させていただきます。
宥恕期間が終了するまであと1年と少し、今からでも間に合う電帳法対応方法をお届けします。
奮ってご参加ください。
※このセミナーは10月18日に行われました電帳法セミナーのアーカイブ配信になります

  • 日付:

    終了

  • 主催:ユーザックシステム株式会社
    • オンライン
    • セミナー
    • 無料

セミナープログラム

第一部

14:00~15:00

改正電子帳簿保存法への対応と電子化検討のポイント

令和3年度の電子帳簿保存法の改正により、企業の電子化で検討が必要な法令対応のハードルは大きく下がりましたが、一方でこれまでの業務のやり方は見直す時期に来ています。また来年10月から開始する消費税インボイス制度の対応も電子化により行うことが望まれます。本セミナーでは、企業の電子化への喫緊の課題と対応スケジュールなど、今後どのような検討課題がありどのように対応するかについて、改正法令の内容を踏まえて企業に求められる電子化の方向性について解説します。

講師:袖山 喜久造氏
SKJ総合税理士事務所 所長・税理士
SKJコンサルティング合同会社 業務執行社員

■中央大学商学部会計学科卒業
■平成元年国税専門官として東京国税局入局
東京国税局調査部、国税庁調査課を含め15年間、法人税調査を担当
■平成24年7月東京国税局を退職
■同11月千代田区神田淡路町にSKJ総合税理士事務所を開設
■令和元年5月SKJコンサルティング合同会社を設立
電子帳簿保存法関連の電子化コンサルティングを行っている。
<著書>
電子帳簿保存法対応「電子化実践マニュアル」(2022年6月税務研究会)
詳説電子帳簿保存法実務のポイント(2020年1月税務研究会)ほか多数

15:00~15:05 休憩
第二部

15:05~15:25

電帳法対応クラウドオプション発表セミナー

EOS名人.NET オプションサービス「電帳法対応クラウドオプション」発表
・EOS名人.NETのご紹介

・電子取引データの保存について
・「電帳法対応クラウドオプション」の機能ご紹介
・「電帳法対応クラウドオプション」導入~稼働までの流れ
講師:ユーザックシステム株式会社 オリジナルソフト事業部 小野 尚宏

15:25~15:40 質疑応答(10/18セミナーでご質問を頂きました内容につきまして配信致します)

※プログラムの内容は予告なく変更する場合があります。

開催概要

日時 2022年11月24日(木)14:00~15:40
申し込み締切日 2022年11月24日(木)14:00
会場 Webセミナー(オンラインセミナー)
参加費 無料
主催・お問い合わせ ユーザックシステム株式会社 セミナー事務局
https://info.usknet.com/l/916621/2021-03-08/h27
ご案内 ①当セミナーは「zoom」で配信します。
②お申込みの方は、事前に下記URLより「ミーティング用Zoomクライアント」をインストールしていただきますようお願いいたします。
https://zoom.us/download
③当社からのメルマガ配信を拒否されている方がセミナーにお申込みいただいた場合、当社「個人情報の取り扱い」に基づきメルマガ配信を再開させていただきます。予めご了承くださいませ。
④同業他社様からのお申込みはお断りさせていただく場合がございます。