商品・ソリューション紹介 名人Tools TranSpeed

変換プログラム作成不要!ノンプログラミング データ変換・連携ツール「TranSpeed」

データ変換に関する様々なお悩みを解決致します。

  • 取引先ごとに、EDIデータの変換プログラムの作成やメンテナンスが発生する。
  • ドキュメントの作成が追いつかず、誰も変換プログラムの仕様を知らない。
  • テキストからDB、DBからDBに直接データを変換したい。
  • コンバートプログラムの開発を標準化したい。
  • 開発者以外でも、すぐにプログラムの変更を行いたい。

ページTOP

TranSpeedの概要

スピーディーに定義できるマッピング機能
スピーディーに定義できるマッピング機能

TranSpeedは、企業内に点在する様々な業務システムを「つなぐ」ためのEAI(*)/ETL(*)ツールです。変換定義を設定することで、システムごとに異なるデータフォーマットの壁を乗り越え、スムーズなデータ変換・データ連携を実現します。
TranSpeedのご導入により、今まで開発者を悩ませていた、データ変換、データ連携、コンバートプログラムの開発やメンテナンスに関する様々な問題を解決致します。

* EAI
企業内で業務に使用される複数のコンピュータシステムを連携させ、データやプロセスの効率的な統合をはかること。Enterprise Application Integration エンタープライズアプリケーション統合の略。

* ETL
企業の基幹システムなどに蓄積されたデータを抽出(Extract)し、データウェアハウスなどで利用しやすい形に加工(Transform)し、対象となるデータベースに書き出す(Load)こと。

豊富な変換ロジック

カンタンな項目定義で、高度な変換設定が可能です。

  • 集計 - 量販店単位、店単位など
  • 演算 - 単価計算、金額計算など
  • マスタ参照 - 商品マスタ、店マスタなど
  • 条件式 - 当日日付設定、コードごとに文字列変換など
  • 変換済みフラグの更新など

変換するデータの条件設定が行えます。

変換するデータの条件設定が行えます。 TranSpeedは、コマンドラインから変換処理を実行させたり、処理結果を戻り値として取得出来ますので、日々のルーチンワークの一部品として、または一連のバッチ処理の中の一処理として、業務の中に組み込んでお使いいただくことも出来ます。

ページTOP

マルチDB対応

固定長テキスト〜CSVテキストの変換のほか、入出力先に以下のDB(データベース)を指定できます(OLEDB、ODBC接続)。

固定長テキスト〜CSVテキストの変換のほか、入出力先に以下のDB(データベース)を指定できます(OLEDB、ODBC接続)。

  • Oracle
  • MySQL
  • PostgreSQL
  • SQL Server
  • Access
  • EXCELファイル

ページTOP

使いやすい操作性とドキュメント印刷

使いやすい操作性

使いやすい操作性とドキュメント印刷 各種設定を直感的に操作できるため、開発効率がアップします。また、ジョブメニュー変更機能やジョブ履歴管理など、運用管理も充実しています。

ドキュメント印刷

各種定義リストの印刷、プレビューが可能です。

  • データソース定義
  • データベース接続定義
  • 参照マスタ定義
  • データソースマッピング定義
  • ユーザー関数定義 など

ページTOP

様々なデータレイアウトに対応

マルチレイアウト形式の入力データ(固定長テキスト、CSVテキスト)に対応。EOSデータも直接コンバート可能です。

マルチレイアウト形式の入力データ(固定長テキスト、CSVテキスト)に対応


1ファイル内に複数の商品が入っているデータ、通称「列明細」と呼ばれるデータを、1品番1レコードに分割できます。

1ファイル内に複数の商品が入っているデータ、通称「列明細」と呼ばれるデータを、1品番1レコードに分割できます

ページTOP

TranSpeedのご利用イメージ

TranSpeedのご利用イメージ

お得意先ごとのWebサイトからダウンロードした受注データの変換や、基幹システムとの連携を効率的に実現できます。

ページTOP

TranSpeedの資料請求はこちらから(無料)

商品・ソリューション紹介 TOPへ