• MESSAGE メッセージ
  • ENTRY エントリー
  • facebookでチェックしてね

代表からのメッセージ

社長からのメッセージ

世の中にないものは創るしかない!!

EDI、物流、Webソリューションで独自性を発揮する企業でありたい

取締役会長 宮原克昭取締役会長 宮原克昭

いち早く時代を先取りしたユーザックシステム

ユーザックシステムは、約45年前の1971年に設立されました。パソコンの誕生はまだ先のことでしたが、やがて始まるIT時代を先取りする形で、コンピュータシステムの設計・開発事業を開始しました。

当時はコンピュータシステムを新規に導入されるお客様が多く、システム開発にも苦労が多かったものですが、繊維関係業種のお客様向けにSI(システムインテグレーション)事業を展開することで、次第に業容が拡大していきました。

私は設立4年目の1975年入社です。当時から「成功するかどうか分からないけどやってみよう」というチャレンジ精神が旺盛な会社であり、ここなら面白くやっていけそうだと思い入社しました。そういった社風は今日まで引き継がれ、“ものづくり”にこだわるだけでなく、新しい商品づくりにも意欲的でチャレンジングな社員が目立つのではないでしょうか。

躍進のきっかけとなった、独自のオリジナルソフト「名人シリーズ」

躍進のきっかけとなった、独自のオリジナルソフト「名人シリーズ」

躍進のきっかけとなった、独自のオリジナルソフト「名人シリーズ」

当社にとって大きな転機となったのが、オリジナルソフトの開発です。1982年には現在の「ソフトウェア研究所」の前身であるソフト開発センターを設立致しました。

そして1986年、お客様からのご要望がヒントとなった「伝発名人」が生まれました。当時、この種のソフトは世の中に存在せず、伝票発行業務を大幅に効率化できることから、多くのお客様に導入され始め、その後、この種の業務ソフトとしては異例の2万本を超える超ロングセラーの出荷記録を達成しています。

以後、SI(システムインテグレーション)の事業とともに、オリジナルソフトを開発していくことが当社のビジネスの柱の一つとなりました。1987年には「値札名人」、1988年には「EOS名人」と開発が続き、2015年の「ええR/Webに飛び出すええ本」まで、今日では17種類ほどのラインアップを数えるまでになっています。

得意分野の強化により、さらなる成長を

東京本社のビジネスは、当初、流通加工分野に特化した「名人シリーズ」などのオリジナルソフトの提供が中心でした。その結果、大手企業の物流センターや物流部門がお客様になり、次第に物流の分野に特化するという方向でビジネスを拡大していったのです。また、物流を可視化するにはインターネットが欠かせないこともあり、現在では物流分野の事業とインターネット事業が中心となっています。

一方、大阪本社は設立当初からSI(システムインテグレーション)事業が中心でしたが、近年では東京同様に物流分野の事業やインターネット事業にも注力し始めています。

さらに、2001年には、動物病院業界向けの情報サービスを強化するためペットコミュニケーションズ株式会社を、また中国市場へのソフト販売及びプログラミングのため大連思騰軟件有限公司をそれぞれ設立しています(100%子会社)。

今やあらゆる製造業にとってSCM(サプライチェーンマネジメント)の仕組みづくりが欠かせません。EOS(電子受発注システム)からEDI(電子データ交換)に向けての業界の動きもいち早く察知し、1997年には「EOS名人」を、2004年には「Autoブラウザ名人」を、さらに2010年には「Autoメール名人」をリリースしています。物流関連、中でもEDI関連の商品は当社の大きな柱に育っていくに違いないと考えています。

社員全員が開発スタッフ

ソフトウェア研究所は、商品開発を専門に行う部門ですが、お客様の開発ニーズをつかまえるのは営業担当者の大きな役割の一つであり、その意味では営業担当者も開発スタッフの一人なのです。

今後、オリジナルソフト事業を拡大するために、年に3種類程度のペースで開発できないかと考えています。従来、企画やマーケティングは営業任せ、開発はソフトウェア研究所任せになりがちだったものを、現在は全社的プロジェクト体制による新商品の開発にアプローチしています。

こうしたプロジェクト体制を敷くことで、“ものづくり”の最初から最後までを経験することができ、そこに仕事の面白みを見出すことも増えるのではないでしょうか。逆に言えば、新たな商品づくりに意欲的にチャレンジしていくような積極的な人財が、今後ますます必要になってくるのです。

コミュニケーション能力と協調性が何より大切

コミュニケーション能力と協調性が何より大切

コミュニケーション能力と協調性が何より大切

当社では、本質的に明るい方で、コミュニケーション能力の高い方を求めています。コミュニケーション能力は、当社のようなビジネスには必須です。また、今後はプロジェクト活動が重要な職務になりますから、協調性のある方を求めます。

一例ですが、その意味では、学生時代に何らかの形で団体や組織で活躍した方々は、多いに活躍できるのではないでしょうか。また、そこで役職を経験している方々は、プロジェクトでリーダーシップを発揮できるだけでなく、将来は会社そのものを背負っていける可能性も感じます。

もちろん男女は問いません。協調性があり、コミュニケーション能力が高く、優れた感性を持ち合わせている多くの皆さんとお会いできることを心より楽しみにしています。